業務紹介

組織図

組織図
  • 毎月一日の全体朝礼の様子

営業部
営業部 部長 知念 悟

営業部 部長 知念 悟

- 営業部の業務内容について教えてください

民間物件では、発注者(施主)、ゼネコン(建築業者)、サブコン(設備業者)に対する受注活動が主な業務です。
官庁物件の場合は諸官庁の入札情報により取得した入札公告により、受注活動をします。
どちらも受注するための業務として、設計図、内訳書などに基づいて見積もりをします。その後、出来上がった見積書の精査を行い、自社の受注見込みを算出してから、民間の場合はクライアント、官庁の場合は入札に臨みます。
弊社の場合、民間工事が80%を占めており、取引先との付き合いも長く、良い関係を築いています。

- 桐和空調設備の強みはなんでしょうか

平成31年3月10日の創立記念日で創業66年を迎えましたが、これまで蓄積された知識が技術力となり、顧客からの信頼を得られていると思います。
長くお付き合いさせて頂いているお客様も多いのですが、これまでの実績を認めてもらって引き合いが来るので、その意味で言うとクレームのない、不具合が少ない仕事ができているということです。
また何か不具合があった場合も真摯に対応する結果が、お客様に信頼頂いているのだと思います。

- 桐和空調設備で働くことの魅力はなんでしょうか

伸び伸びと仕事ができるということだと思います。
仕事を任されるということは、当然責任も伴うものですが、わからないことはアドバイスを仰いででも解決し、自分ができることを少しでも広げることで次のステップに向かうことができます。人間としても成長できる会社だと思います。

- 仕事のやりがいについて

物件を受注してから工事部に引き継ぐのですが、建設途中において設計変更などがある場合、規模によっては積算部門で変更見積もりを作成するなど、工事開始後にもいろいろなことに関わりを持ちます。そのような現場が完成に至ったときに、達成感とやりがいを感じます。

- 仕事で大切にしていることは

顧客の信頼を損ねないこと。
ただし、何に対しても「はい」ということではなく、対応ができない場合は理由を説明して、お断りすることも相手に対する気遣いであると思っています。

- どんな人と一緒に仕事をしたいですか

特に大事なのは「嘘をつかないこと」「どんな仕事でも前向きに考えること」。それができる人となら、一緒に気持ちよく仕事ができます。あとは挨拶ができる人であれば良いですね。
いろいろな人と関わるので、好き嫌いを言ってはダメだと思います。どんな人にも得手、不得手はあります。
不得手だからやらないでは世の中どんな仕事もできません。

- 就職を考えている人にメッセージをお願いします

明るい性格で、いろんな人とのコミュニケーションを取ることが好きな人であれば、向いている職種だと思います。業務に関する知識はまじめに仕事をしていれば付いてきますので、ぜひご応募ください。

工事部
工事部 部長 新垣 健一

工事部 部長 新垣 健一

- 工事部の業務内容について教えてください

空調設備、衛生設備工事の現場における施工管理業務(安全管理、品質管理、原価管理)を行なっています。
現場全体での朝礼を実施し、協力会社さんとのミーティング、図面通りに施工できているかを確認しながら施工写真を撮ったり、危険な作業をしていないかなどの安全管理をします。

- 桐和空調設備の強みはなんでしょうか

社風は和気あいあいとして、工事部は12名ですが特にまとまっていると感じています。

また通常は会社で予算を決めて発注や契約業を行うのですが、弊社では現場の担当者にまかせているので、おのずと経営者の目で現場を管理することになります。現場での変更や変動に柔軟に対応できるよう、個々の能力が高いです。

- どのような社員教育を行っていますか

月に1度、各部署で部会があるのですが、工事部は技術的な指導や相談事を聞くようにしています。
技術指導としてはコストの下げ方や、今ある現場で参考になるような指導をします。例えば、引き渡した後にサビが出たり、配管が漏れたりするような不良にならない施工の仕方を事例をもとに教えます。

また気になることがあれば現場に出向いて指導することもあります。
完成前には社内検査を行い、不備がないかのチェックをします。

- やりがいや喜びを感じるのはどんなときですか

仕事を任されるという責任感は大きく、経営者的な考えを持って仕事ができるのでやりがいがある仕事です。
また完了したらクライアントから評価をもらいにいくのですが、それでAの評価をいただけたら嬉しいです。国や県、民間の会社から表彰されることもあります。

- どんな人と一緒に仕事をしたいですか

将来的に会社に貢献できる人。
正直な人、仕事に関心のある人。

楽しく明るい会社なので、ぜひ技術力を磨きに来てください。

サービス部
サービス部 部長 玉城 学

サービス部 部長 玉城 学

- サービス部の業務内容について教えてください

空調機器の保守点検や大型機器のオーバーホール設備を行なっています。また一般ユーザー、事務所、店舗などのパッケージエアコン修理対応などです。

- 桐和空調設備の強みはなんでしょうか

平成31年に創立66年を迎え、これまでの長い歴史の中で多くの現場を経験し実績を積み重ねてきました。
20年、30年と長くお付き合いいただいているお客様もあり、経験に裏付けされた技術力で高い信頼を得ています

- 桐和空調設備で働くことの魅力はなんですか

工場にあるような大型の冷凍機の点検、オーバーホール設備などを整備できるのは沖縄県内では弊社だけです。
他の会社では経験できない仕事が多いのも魅力のひとつだと思います。

- 仕事のやりがいについて

空調機器の修理の内容は現場によって様々です。
不具合の原因がなかなかわからなかったものを、無事に修理できた後は充実感があります。
またその時にお客様からかけていただく「ありがとう」の言葉はとても嬉しいものです。

- 仕事で大切にしていることはなんですか

お客様の信頼に答えられるよう、日々技術のレベルアップに努めること。
また各現場へは車での移動になるので、現場への行き帰りも含めて安全第一を心がけています。

- どのような社員教育をおこなっていますか

先輩の技術を引き継ぎ、また資格取得に向け積極的に講習などに参加させています。
また若い社員だけで現場へ向かわせ、先輩に頼るのではなく若手同士で試行錯誤しながら仕事をやり遂げさせるようにしています。信頼して仕事を任せることが、向上心を育みます。昨年は入社一年目で技能オリンピックに出場する社員もでてきました。

- どんな人と一緒に仕事をしたいですか

先輩、同僚との会話を大事にし、責任感を持って仕事に取り組む姿勢のある人。
またサービス部はお客様と直接やりとりをするので、積極的で、元気のある人がいいです。

- 就職を考えている人にメッセージをお願いします

工場の内部での仕事など、他の仕事であまり経験ができない現場がたくさんあるので、好奇心があり、向上心がある人が向いています。お客様からの「ありがとう」のひとことは何物にも代え難い喜びになりますよ

リニューアル開発部
リニューアル開発部 部長 知念悟 (営業部 部長兼任)

リニューアル開発部 部長 知念悟 (営業部 部長兼任)

- リニューアル開発部の業務内容について教えてください

お客様に空調機の更新提案を行い、消費電力削減やCO2削減などの付加価値についても提案書で説明をしながら受注活動をします。受注後は施工管理も実施します。
2016年の10月に発足したばかりですが、同業他社でも部署としてはない新しい部署であると思います。
営業提案から施工までを一括してまとめあげるので、経験をもって動ける立場の人でないとできない部署でもあります。

総務部
総務部 次長 新垣 芳美

総務部 次長 新垣 芳美

- 総務部の業務内容について教えてください

財務、人事から、総務全般までさまざまなことを行なっています。
他の部署は男性が多いのですが、総務部は女性ばかりの4名の部署です。

- 桐和空調設備の魅力はなんでしょうか

女性に対する福利厚生が同業他社と比較して、待遇がいいのではないか思っています。
これは私が自信を持って言えます。
例えばお互いホウレンソウ(報告・連絡・相談)を大事にしているので、子供の急な熱で休むことになっても「ユイマール精神」で、相手の環境を理解しつつ休める体制ができています。また産休、産後、有給に関しても取るようにしています。年齢は違いますが女性同士なので言いやすいですね。

- どんな人と一緒に働きたいですか

根性のある人。へこたれない、芯を強く持っている人です。 怒られても前向きに、「次は絶対失敗しないでおこう」と思えるといいと思います。 これは自分の人生を語っているようなものですね(笑) 泣きながら仕事をした経験があるから、気持ちがわかるのかなと思ってます。 いま一緒に仕事をしているメンバーは芯が強いですよ。

- 仕事をする上で大切にしていることはありますか

総務は明るい環境づくりの元にならないといけないと思うし、総務に笑顔がないとみんなに伝染するんです。だからみんなにいつも言うんです。「スマイル、スマイル」って。苦しい時こそ笑おうねって。

- スタッフに大切にして欲しいことはなんですか

勇気です。
勇気を持って人前で話す、勇気を持って提案する。間違ってもいいんです。でも言わないことには間違っている事に気づかないので。

男性が多い会社で、男性に腰が引けてしまう女性にはなって欲しくないんです。
反対に女性ということを盾にするのも良くない。人として性別関係なく皆と関わっていき、また関わっていく中で縁の下の力持ちになっていきたいな、と思っています。
わたしは20代からずっとこの会社で働いていて、男性の中で仕事をしてきたという経験上、そう思えるのかもしれません。

勇気を持って意見を言わないと何も進まないということを、私も教えてもらったので。
総務部は年齢は違いますが、言いたいことは言える部署です。
「わたしはこう思います」と言われたときに気付くことがたくさんあります。楽しいですよ。

- やりがいや喜びを感じるのはどんなときですか

私は事務員であり、桐和空調のお母さんであり、そういうポジションです。
男同士だったら言いにくい悩みや相談であっても、私に頼ってもらえれば。

私が同じ会社に子育てをしながらもずっと勤めていられたのは、会社が好きだからです。
仕事は与えられるものなので、みんな好きになると思うんです。でも会社を好きになるのは自分。

今までたくさん、会社から恩恵を受けて来たので、これからは恩返ししようと思っています。

- 桐和空調設備をひとことで表すなら

「チームワーク」です。
辛いこともキツイこともあるんですけど、そういうときに会話を持てる会社です。
会話を持つことは、自分で自分の殻を破らないとできないんです。
最初はできない若い子も多いですが、ここにいると変わってきます。

当社はいつでも役員室のドアがオープンなんですよ。 いつでも顔が見えるし、相談できる環境になっています。